マレーシア旅行-8- プトラジャヤ

ペナンからクアラルンプールに戻る。

プトラジャヤも見たい!と思っていたので

行くことにする。

ピンクのモスクなどがあるらしい。

で、プトラジャヤは観光タクシーで観光するのが便利と

ネットで調べたので、プトラジャヤ駅のタクシーカウンターで申し込む。

カウンターを探す。。。

階段を下りると・・あった!

ネットで見た観光タクシーの案内、これもあった。

それを指さして、2時間といえば、伝わったようだ。

で、タクシーに乗り込む。

 

なんか、街が全体的にきれい、整備されているって感じ。

道路もでかいし、横断歩道も結構ある。

しかもボタンを押さずとも切り替わっている?(たぶん)

いいね、プトラジャヤ。俺好みの街ですな。

こういう街って、ありそうでなかなか無い。

 

ま、ここにきたら、ピンクのモスクですよね。

実はモスクの中まで入るのはこれが初めて。

今までは外から見るだけにとどめておいたから。

ま、中に入るといっても観光客が入ることができる場所は

限られているが。

ここ、団体のツアー客がかなり多かった感がある。

このモスクの前のプトラ広場にもそれらしきバスが何台も止まってた。

 

隣には、また大きな建物。首相官邸。

モスクとセットで観光。

たまねぎ型の屋根が特徴的ですな。

 

スリ・ワワサン橋

すごい立派な橋ですね。

この橋を通ったとき、降りて記念撮影もしたけど

近くで見ると、やはりデカイ。

この街って、すごいなって思う。

 

こんな橋も。

全体的に立派な建築物が多いですね。

これらを見るだけでも来た甲斐があった。

 

もちろん、街並みも素晴らしいです。

歩道も広いし、住み心地よさそうw俺は住めませんが。。。

 

よくわかんないけど、大きな建物が多い。

全体的にビルもでかかったです。

 

また、すごい橋。

 

 

ほっと、一息。

 

ここだったかな、この上から街を一望できるらしいのだが

クルマがいっぱいで。。。たまたまなのかな。

 

道路もでかいし、車の運転がストレスなさそうだな。

 

遊覧船もあるらしいけど、ここかなぁ?よくわからない。

 

プトラジャヤ、来て本当に良かった。

なんか好きになった。理由はわかんないけど。

マレーシア旅行-7- ペナンの観光

ペナンにもホップオンホップオフバスがある。

ただ、やはりサイトを見ても、ネットで調べても

バス停の場所が書いていない!

グーグルストリートビューで探そうとするも

わからない。で、セントジョージ教会のバス停なら

ストリートビューで発見できた。

じゃ、ホテルからここら辺まで徒歩で行って

このバス停から乗るか。

徒歩でモスクとかヤップコンシーとか見ればいいし。

さて、徒歩で行こうとするのだが

横断歩道が少なくて^^;

信号機、ボタンを押さないと青にならないのね。

地元のおじさんが俺と同じく横断歩道を渡ろうとしていて

ボタンを押したら青になった。

ううむ、俺も押したのだが、押し方が弱かったのか。

ま、渡ることが出来たからいいや。

ここが、アチェストリートモスクかな。

看板にachehとあるし、おそらくそうだな。

ここから北の方角に歩いていけばOKだね。

 

ヤップコンシー

カピタン・クリン・モスク

観音寺

お寺そのものの写真も撮りたかったが

人も多いし、あんまり他人にレンズを向けるのも。

 

セントジョージ教会

セントジョージ教会

白亜の教会。

ここのホップオンホップオフバスのバス停があるはず。

ありました。ストリートビュー、GJです。

乗り込みます。KLより、結構空いてました。

 

ペナンヒル

ケーブルカー、乗ろうかどうしようか迷った。

様子を見て、混んでいたら諦めるか。

で、見てみると。。。なんとかなりそう。

チケットを買って、前に進む。

ここからは、結構時間が長かった。

ケーブルカーは満員だが、東京の満員電車のように

ぎゅうぎゅうに押し込んで発車ってよりも

ある程度のスキマを確保した上で発車。

ってことで、列は進むも、この便には乗れないって感じで

また待つ。。。

上から列車が下りてきて、乗客が全員向こう側のホームに降りて

さて、乗り込めるのかと思えば、乗り込めない。

待つしかないな、こりゃ。

やっと乗り込めた。

ジョージタウンが一望できるという感じ。

で、登ったなら、降りないとね。

前のほうで待つ。降りるときのほうが、待った気がする。

なにせ、列車が下から上がってくる。乗客が降りる。

そのあと、カラの列車が下に下りていってしまい

なんの動きもなし。ただひたすら待つ。

ま、感想としては、乗り込むまでの待ち時間が長いって感じかな。

 

バスの車窓を眺める。コムズタワーが見える。

ショッピングモール。俺は買い物に興味がないからなぁ。

コーンウォリス要塞

チケットを買うと、絵葉書がもらえた。

ここはゆっくり見ることが出来て、なんかいい感じ。

なんか、↑いいねw

ほどよい広さ、混んでないし、ゆっくり時間をすごしましょう。

ビクトリアメモリアル時計塔も、ここから見ることが可能。

ビクトリアメモリアルとけいだい

 

コーンウォリス要塞の隣も、ちょっとした広場やら美しい建物がある。

 

ペナン植物園

わざわざ見に来るほどでもないが、まあ時間もあったし。

サルが、普通に外に居た。なんかすごいやw

DSCN1639

どちらかというと、市民の憩いの場って感じ。

 

ホップオンホップオフバス、ビーチルートを一周乗って車窓を見てみた。

ただ、雨が・・・・・。

DSCN1573

DSCN1594

ようやく、小降りに。

DSCN1598

この海、なんかいいね。

DSCN1602

ここ、なんだろう?よくわかんない。

雨がやんだ、ふぅ。

 

しかし、買い物がだるいね。

コンビニで買い物をする。品物をレジに持っていく。

店員の男性はタバコの数を表に書いたまま

全然それをやめようとしない。俺には気づいているはず。

会計しろよ、って思うが、タバコの数を数えてからにしるって雰囲気。

やっとこさ、検品が終わったのか、会計をする。

どうも、旅行前はタクシーのボッタクリを心配していたが

タクシーよりコンビニのほうが苦手w雰囲気が。。。

そもそも俺、普段はネット通販ばかり利用しているから

どうも買い物が嫌いだな。

 

ま、ペナンでも治安の不安は無かった。

夜は出てないから、知らないけど。

自販機もあったし、普通にしていれば安全そう。


マレーシア旅行-6- ランカウイからペナンに行く

ランカウイからエアアジアでペナンへ。

ランカウイ空港に早めに向っておこうと思い

タクシーで行く。

早すぎなのか、空港の照明はあんまりついてない。

しばらく待つと、照明が次から次に灯って、明るくw

いきなりチェックインカウンターに行こうとすると

どうも預けるスーツケースにセキュリティチェックが必要らしい。

ああ、あそこで列が出来てるね。

日本国内でも預ける荷物のセキュリティチェックして

カウンターに向うもんね、忘れてた。

ここでのチェックインは、やや並んだ。

ま、時間に余裕があるからいいけど。

小さめの空港で迷うことは特にない。

プレミアムフレックスっていうんだっけ。

優先搭乗とかサイトには書いてあったが

特にそういう放送はなかったな。

いきなり列が出来始めた。

まあ、とりあえず乗り込む。

プレミアムフレックスの感想。

ホットシートはかなり空いていた。普通のシートは混んでる。

(ランカウイ→ペナンって飛行時間短いし

わざわざ追加料金出してまでホットシートって人は少ないのかな)

まぁ、1列目に座ることが出来るなら

お金の価値はあるかなって感じ。

前のほうだから、降りるときも早いし、優先的に

荷物が出てくるしさ。ストレスがない。

だってさ、(いつ俺の荷物出て来るんだよ・・・)って思いたくないしさ。

なぜかこういうときだけ俺はせっかちさんになる^^;

せっかくの旅行だし、こういうことにはケチりたくないんだよね。

いつでも行けるわけじゃないし、俺は食べ物にお金かけないし。

預け入れ荷物も20キロまで無料。これもいいな。

食べ物もついてくる。

航空券、というか事前チェックインしていたから

プリントアウトしていた紙を出して、ハンを突いてもらって

受け取る。っていうか、この路線時間短いから

さっさと食べなきゃ。すぐについてしまう。

 

ペナン空港に着く。

この空港も、そこまで迷うことはないと思う。

タクシーのクーポンのカウンターもあります。安心ですね。

さて、ホテルに向いますか。

旅先での災難除けにもなる「八角盛塩ストラップ」

 

【DMM.com】今なら送料無料でレンタルできる!スーツケースレンタル!!

 

海外旅行のお土産もネットで買う時代、荷物も増えないので楽です

マレーシア旅行-5- ランカウイ

kliaからランカウイに向う。

日本での事前にマレーシア航空のwebサイトで

予約をしたのだが、特に難しくなかった。

日本語で見ることが出来るって本当に助かります。

でも本当に大丈夫かな~

海外の国内線の予約なんて初めてだぞ^^;

で、空港に行く。何の問題もなく搭乗w

機械でチェックインしたら航空券が出てきた。

スーツケースをカウンターで預け、セキュリティゲートを通過。

あとは搭乗ゲートで待つだけ。

なんてことはない。ここら辺は日本国内で

何回も飛行機に乗ったことのある人間なら

言葉がわからなくても何とでもなると思った。

ランカウイ空港に着く。そんなに大きい空港でもないし

迷うことはない。

それにしても、飛行機から降りて、歩いて空港の建物に向うって

なんかいいねw

旅情感がある(なんでだよw)。

 

とりあえずホテルに行きスーツケースを置かないと。

タクシーに乗るためのクーポンを買って乗り込む。

クーポンの窓口もすぐにわかった。

ランカウイでホテルに向う

ホテルに向う。

ランカウイ街並み

なんか、クアラルンプールに比べて

のどかですな。

無事、ホテルに到着。

ふかふかベッドでおやすみなさい。

 

さて、ランカウイはタクシーの数時間貸切で観光する。

こういうの、便利ですよね。

気兼ねなく乗れるし、思うように動けるし。

日本でも気軽な値段で貸切タクシー増やしてくれないかな。

 

マハティール記念館 ガレリアペルダナ

中は思っていたより、広い!

展示物に関しては説明文の言葉もわからないし

なんとなく理解するしかないが、なんか館内の造りが

スケールがでかいというか。

ま、ここに行くなら時間は多めに見ておいたほうが楽しめる気がする。

空いていたし、俺は楽しめた。

あの船は何なんだろう?よくわからない。

 

オリエンタルビレッジ

ここは人が多い。

なんかお店とか結構ある。

ロープウェー、乗ろうかどうしようか迷ったけど、乗らなかったw

タクシーの時間もあるし。

何か建物がある、これも観光施設か。中が何かわからないが

とりあえず、入場券を買って、入場。

靴を脱いで預けるのね。ふむ。

ちょ。ここって、まれ~にある3D系写真館って感じか。

中で記念撮影しまくるタイプの観光施設。

子供連れのファミリーとかなら楽しいでしょうけど^^;

俺の行くところじゃないな。

そういえば小樽にもこんなのあったような。

 

黒砂海岸

駐車場から、なんかお店が何軒もあるところを通って

すぐにたどり着く。

海は何度見てもいいな。広いの大好き。

向こうはタイらしい。タイもいつか行ってみたいなぁ。

 

アンダーウォーターワールド

んまあ、よくある水族館。

この手のものは日本でいろんなの行っているから

特にどうということもなし。

ふむ。

観光地によくあるメダル。どうやって買うんだろう?

よくわからないからパスw

うん、どうということもない、よくある水族館と思っていた。

順路を進むと2Fが。2Fにも何かあるのかと思って上がってみれば

有料の何かがある。言葉がわからないから何なのかはわからない。

でもせっかくなので、お金を払って行ってみる。

係の人のところまで来てしまったしさ。

・・・・・中国製?、というかパッケージが中国語で書かれた

すさまじく簡素な使い捨てっぽいレインコートを渡された。

・・・・・・もしかしてこれって、水しぶきが出てくるのかよ^^;

時間になって、入ってみればそのとおり。

昭和の遊園地のような、アトラクションw

ズボンは濡れるし^^;

2Fにはもう一個、別の何かがあったけど行かなかった。

 

マスリの墓

ここは、お墓は普通なんだが、後半の館内の展示が

なんか変わっていたな。よく説明できないが。

チケットを渡すと、右のほうをビリビリw(ミシン目がない)

なんかワイルドですな。

でも海外ってこんな感じだよね、日本が細かすぎるのかもしれない。

中に入って、なんか展示がある。ここは普通だった。

順路どおりいくと、外に。お墓や民家の再現(たぶん、よくわからん)がある。

こんな感じの建物がいくつかある。

これは何だろう?船だとは思うが。

なんか、つぼがいくつも並んでいるねw

とても、のどか。

 

クロコダイルファーム

料金、何種類かあったので、よくわからないし一番高いのにしたw

ワニさんがいっぱいいます。

なんか全体的に雰囲気いいし、思っていたより楽しめた。

期待以上に楽しめるって、最高。

来て良かったって思えるのが何よりだよね。

 

あと、ランカウイといったら、これ。これを見ないと↓。

イーグルスクエア

イーグル

雨が降っていたので、写真だけとってタクシーに。

雨、なんとかならんかな。

 

ま、ランカウイ楽しかったな。

入り口で写真を撮ってもらって、帰りに買うっていう

観光地によくあるパターン。

3ヶ所でそれを体験して、その3ヶ所すべてで買ったが

日本より安いし、あの金額ならね。

記念にもなる。

通りすがりの人にシャッターを押してもらうより

よっぽどいい。他人様の手をわずらわせたくないし。

 

旅先での災難除けにもなる「八角盛塩ストラップ」

スーツケースレンタル

海外旅行のお土産もネットで買う時代、荷物も増えないので楽です