高雄・澎湖諸島旅行ー1- ネットで澎湖諸島のことを知る

結構昔、なんとなくネットをしていて

ふと、台湾にも日本みたいに都道府県、市町村のような

行政区分があるのかと疑問に思い

ネットで調べていた。

そういえば、台北、高雄は知っているが、それ以外だと

台湾ってどんなところがあるんだろう?と、そんな感じで気になり始める。

ウィキペディアなどで調べていると

連江県というのが目に留まる。

(この連江県というのは、馬祖島って島から

なる県なのね、ふむ。)と、そんな感じで調べていく。

そのあと、金門県というのを見つけ、これも島なんだということを知る。

金門島がかなり中国に近いということも理解した。

日本に島があるように、台湾にも島があるのか~。

そんな感じでなんとな~く、ネットで調べていく。

 

他にはないのかな・・・。

そのとき、澎湖諸島のことを知る。

澎湖県、こういうところもあるんだなと。

地図で見ると、中国大陸に近い金門島と違い

中国大陸と、台湾本島(どういえばいいんだろう?

この言い方でいいのかな?)の間にある。

 

へぇ、色んなところがあるんだな。いつかこういうところに行ってみたい。

金門島や澎湖諸島のことを知って以来

九フンとか、みんながいくようなメジャーなところじゃなく

マイナーなところに行って見たいなと思いを募らせるようになった。

 

で、実際に台湾にいけることに。

前行ったときは台北だったので

今度は高雄がいい、高雄国際空港に行く飛行機で

台湾に行こうと決定。

前から思っている金門島や澎湖諸島へ

せっかくの機会だから行きたいなと。

しかし、大丈夫だろうか・・・?言葉がわからない。

そんなに言うほど海外旅行の経験もないし。

かといって、言葉がどうとか気にしていたら

海外旅行できないし。

とりあえず、行き方を調べてみる。

トランスアジア航空で金門や馬公(澎湖の空港)への便が出ており

webサイトから日本語で予約が可能。

あとは俺が勇気を出すかどうかだ。

 

・・・行こう。行かないと後で後悔する。

 

さて、金門と澎湖諸島、どっちにしようか?

見所は、どちらも結構あるので心配は要らない。

どちらも面白そうなんだよね。

なんとなくだけど、今回は澎湖に行ったほうがいいような気がした。

本当に、なんとなく決定w

 

高雄に行くためのエバー航空のチケットはwebサイトから

特に問題なく、楽に購入完了。

高雄-馬公の国内線のチケットも

トランスアジア航空のサイトで日本語で

なんの困ったことも無く、普通に購入完了。

過去にANAやスカイマークの国内線チケットを

ネットで購入したときのように、普通に出来た。

ネットってすごい!改めて思う。

インターネットというものが無かったら

俺は台湾旅行どころか国内旅行すら

ロクにできていないような気がしてきた・・・。

過去に何度も国内旅行してきたけど

ネットが無かったら、ホテルは電話で予約するにしても

ホテルの具体的な場所、向こうに行ってから観光地までたどり着くのに

どのバスに乗るのか?時刻表は?(地方だと便数に限りがある)

などなど・・・困ってしまう。

これら、今は全部ネットで解決できるからさ。





海外旅行のお土産はネットで買う時代