高雄・澎湖諸島旅行ー12- 鵝鑾鼻公園 灯台を見て散策を楽しむ

鵝鑾鼻公園につきました。

チケットを買い、中に入る。

結構人がいるので、それについていけば

道に迷うことは無い。

DSCN3483

こういうのを写真に収めると旅行しているって気になる。

中はかなり広々としていて、人が多くても

特に気にならずウロウロできますw

DSCN3487

ど~ん。

灯台です。この方面に来たのなら鵝鑾鼻灯台は見ておくべき。

白亜の灯台、やはり絵になりますな。

登ったりはできないので、見るだけです。

DSCN3488

海に近い場所なので、海も楽しめるという。

この灯台の近くに売店もありました。

 

で、なんかみんなが海のほうに向って歩いている。

あちらに行けば何かがあるのだろう。俺も行く。

てくてく歩く、とても広い。

 

しばらくすると、狭い道を進む感じになる。

DSCN3495

古洞?滄海亭?

さて、どこにいけば。とりあえず適当に進みますか。

DSCN3499

標識に従い、なんとなく進んでいると、こんなところが。

DSCN3502

とりあえずパシャリ。

DSCN3503

ずっと進むと、階段を登った上に展望台のようなところがある。

ふぅ、一息つきますか。

 

DSCN3507

階段を下りて、元のところに戻る。階段の近くに、こんなところが。

なんか神秘的ですな。

DSCN3510

さっきの小道を適当に回り、灯台の近くに戻ろうと歩く。海が本当に近い。

雄大な海。ここ、思っていたよりいい場所でした、。

 

そろそろタクシーに戻りますか。

帰りの門をくぐると、土産物屋が並んでいるところに。

帰るところにお店があるのはどこの観光地も一緒ですね。

俺もケチじゃなかったら、何か買うのだが。

DSCN3511

お寺もあります。お参りを。

 

鵝鑾鼻公園、期待以上にいい場所だった。

確かにいかにも観光地って感じだったけど

むしろそのおかげで明るく、楽しく感じる。

中は広々していて、整備も行き届いているし

小道の散策も楽しかったし、なんか神秘を感じた。

灯台を見ると、旅情気分もでる。

ここに来て、本当に良かった。


高雄・澎湖諸島旅行ー11- 墾丁も観光する

せっかくなので墾丁も観光したい。

高雄観光は最後にする。

近いところは最後に観光、なるべく遠くから先に。

 

こちらも観光タクシーで回ります。

墾丁、結構記憶があやふやですが、せっかくなのでブログに書く。

DSCN3400

タクシーに乗り込めば、あとは向こうにつくまで

車窓を楽しめばいい。楽ですな。

日本でも観光タクシーが安ければ助かるのだが。

DSCN3436

海が見えてきたぞ。いよいよだな。

 

DSCN3439

グーグルで見ると「墾丁海世界觀光教育半潛艇」となってる。

天候の関係で今回は乗ることが出来なかった^^;

残念。

どうもグラスボート系らしい。

こういう場所でよくある、ガラス越しに魚を見るアレ。

ま、日本でも沖縄で乗ったし、いっか。

DSCN3440z

後壁湖と読める。

 

次は白沙湾(だったと思う)。

DSCN3441

ザザー。海の音。

てくてく歩く。結構人がいます。

みんな楽しそうです^^

DSCN3444

波が大きいですな。

DSCN3446

シーズンではないので、泳ぐことは出来ませんw

夏になれば海水浴の人で賑わうのでしょう。

 

なんか、食べるところもありました。

よく覚えていないがw

もっと散策すれば、ショップとか、色々あるのかな?

ま、適当に海を楽しみますわ。

 

こういう場所に来るたびに思うこと。

俺もスキューバダイビングとかシュノーケルとか

覚えてみようか、と。

(Cライセンスっていうのかな。詳しくないけど。)

そういれば沖縄とかグアムとかパラオでも

楽しめそうなものだが。

でも水の中は怖いよね。万が一があったらどうしようって。

恐怖心って、自分を守る鎧だけど

行き過ぎると可能性を狭めてしまう。難しいところだ。

 

十分に満喫したし、次に行きますか。

タクシーは進む。

DSCN3468

ここは別のビーチ。どこだろう?

なんか、こちらは穏やかな海。

こちらもこちらでイイ。

 

その後、船帆石が。

ここは事前にネットで調べたとき、知っていた。

DSCN3471

自然のすごさを感じる。

でっかいなぁ。

どういう経緯でこういう形になったのだろう?

波が打ち寄せる、それの繰り返し。

それでもその岩はそこにある。力強いです。

これをみて、石川県の珠洲市にある見附島を思い出した。

DSCN3473

確かに船帆石と書いてある。うむ。

 

次はいよいよ鵝鑾鼻灯台。

墾丁に来たのならはずせないスポット。

 

 
海外旅行のお土産もネットで買う時代、荷物も増えないので楽です

高雄・澎湖諸島旅行ー10- 高雄に戻って、高雄85ビルに

澎湖ともお別れ。

居心地のいいホテルでした、みなさんありがとう。

 

DSCN3268

空港の前。こういう場所で写真を撮ると

旅行しているって気になれますよね。

 

馬公空港はそんなに大きな空港ではないので

迷うことは無い。

チェックインは済ませたが、荷物を預ける時間がまだらしい。

席がいっぱいあるので、余裕で待てますね。

DSCN3272

俺は心配性だから、いつも飛行機に乗るときは

かな~り早く空港に行く。

それで結構暇をもてあます、

この慎重な性格が、いつか役に立ちますように。

 

そろそろいいかな?と思ってカウンターに行く。

俺を見て手招き、OKっぽい。

荷物も預けて、セキュリティチェックも普通に通過。

 

ゲート近くで待つが、飛行機はやや遅れる。

ま、無事に乗り込めたので良いのです。

 

ジュースが紙パックでよかった。

これなら飲んでいるときに機体が揺れて

隣の人に掛かってしまったらどうしようっていう心配もない・・・。

いや、機内で配られるジュースって

たま~に、デザートでも入っていそうな台形のようなパッケージに

飲み物が入っているタイプもあるからさ。

ビニールをはがすとき、誤って手がすべり、ばしゃ~と中身が出て

隣の人に迷惑がかかったらとか、心配してしまうのよ。

 

とりあえず、無事高雄に戻りました。

ホテルにも無事に着く。

高雄85ビルに行こうと思い、セブンイレブンで

タクシーを呼んでみる。

事前にネットで、台湾はセブンイレブンでタクシーが呼べることを知り

呼び方などを調べておいたのだ。

機械の操作は一応プリントアウトしてあるが

頭の中に叩き込んでいる。

ただネットでは、機械で操作をして出てきたレシートについて

レジに持っていく、という記載があり

別のサイトでは、今はレジに持って行かなくても

良くなったとある。どっちなんだろう?

・・・念のため、レジにレシートを持っていく。

どうやら、レジに持っていく必要は無かったようだ。

言葉がわからなくても通じ合えるものですね。

 

外でタクシーを待つ。そろそろ来るかなぁ。

あ、来た。乗り込む。

 

無事、高雄85ビルに。

入り口を運転手さんに教えてもらい、中に入る。

チケットはどこで買うんだろう?と探していると

係りの人が、日本語で教えてくれた。ありがとう、感謝です。

 

教えてもらったとおりに行く。無事、チケット売り場に。

DSCN3285

エレベーターに乗り込む。

DSCN3287

暗くてぶれてますが^^;

エレベーターの中が暗くなり、こんな感じの演出。

素敵ですね。

DSCN3290

なんかテンションあがるw

旅行って楽しいって思えるひととき。

DSCN3308

こういう場所に良くあるこれ。

ちゃんとベンチが用意されているのも親切ですね。

DSCN3325

中は空いてました。ゆっくり時間を過ごす。

台北101はかなり混雑していたことを思い出した。

降りるとき、エレベーターに乗るための行列もすごかったし。

 

ふぅ、こういう空いている場所にいると

ずっとここにいたい!って、思ってしまうのです。

異国の地で、ぼ~っと何もせず

時間を過ごすのって、本当の贅沢ですな。

 

ネットで聞いた話、グアムに一家で行って

ホテルにずっといるとか、すご~いって思ってしまった。

贅沢だな~、うらやましいぜ。

 

景色も楽しみますか。

DSCN3350

あそこを旗津フェリーが通るのかな?よくわかんないけど。

 

DSCN3353

色んなビルが見える。都会ですな。

 

高雄85ビルのすぐ近くに、高雄市立図書館があるので

こちらも行ってみる。

キレイでおしゃれで、図書館とは思えないくらいだとか。

それで観光スポットとしても紹介されてるのね。

実際、見てみるとその通り、こんな図書館があるなんてうらやましい。

これが、図書館?すごーいって思った。

正しい税金の使い方って感想です。

 

俺が住んでいるところにも、こんなのがあればいいのだが。

日本で最後に図書館に行ったのって、いつだろう?



高雄・澎湖諸島旅行ー9- 漁翁島灯台や西嶼西臺を見学

澎湖に来たのなら、外せないスポット(だと思うw)。

そう、漁翁島灯台だ。

地図で見ると、澎湖の西の端っこにある。

タクシーは進み、ついにたどり着く。

 

DSCN3140

灯台って、なんか絵になるよね。

他にも観光客らしき人がチラホラ。

といっても、そんなに混んではいない。

 

建物の中にちょっとした展示もあったかな?

うろおぼえ。

 

ちなみに、ここは軍事施設と隣接しており、その施設を

撮影することは禁止なので、ここを訪れる予定の方はお気をつけください。

 

そろそろタクシーに戻りますか。

あとでネットで調べると、ここは夕日も美しいらしい。

また澎湖に来る事ができればいいな。

 

DSCN3144

タクシーの車窓から。

きれいでしょ。

 

次に連れて行ってもらったのが西嶼西臺というところ。

ここは知らなかった。

有料施設で25元。チケットを買って中に入る。

さて、どんなところでしょう。

DSCN3145

てくてく歩く。

DSCN3148

薄暗いところだとぶれちゃいますね。

DSCN3154

とりあえず、見学。

DSCN3175

外には大砲のようなものが並んでました。

大きいですな。

DSCN3182

難しいことはわからないので、適当に見て回る。

俺ももっと、歴史などに興味を持てばいいのだが。

 

家族連れや、ツアーの方々もいらっしゃいます。

ま、そんなには混んでいない。

DSCN3186

全部見て回ると、そこそこ広かった記憶。

 

DSCN3191

案内板。確かにここが西嶼西臺であることがわかる。

 

DSCN3193

外に出ます。中国語がわかれば読めるのだが^^;

外国語の習得は容易ではない。

DSCN3197

いい景色。澎湖に来ることを決意して本当に良かった。

 

さて、ホテルに戻ったが、時間があるので

博物館に行ってみた。

DSCN3230

澎湖生活博物館。

クーラーが故障していて無料でした。

ラッキーなのか、むしろ暑いので不幸なのか。

せっかくですから、ラッキーということにしておきますw

 

展示を見る。無論、文章は読めないけど

なんとなく伝わってくる。

時間があれば見ておくべき。

DSCN3233

澎湖にも自販機が。

暑いし、のどが乾くのでジュースを飲む。ゴクゴク。

あー、マイウ~!もう一本!

 

海外旅行ってさ、ジュース一本にしても

パッケージが日本と違うし、それだけでも楽しいし

テンションがあがるよね。

 

DSCN3235

さっきの博物館の近くに澎湖海洋地質公園中心っていう施設がある。

両方、セットで見ることをオススメ。

 

中に入ると、特に受付の人はいない。

自由に見ていい感じ。

ビジュアルだけでも、伝わってくる。

 

さて、ホテルに戻り、ちょっと一息ついて

机を見ると、テレビのチャンネルの表がある。

やたらチャンネル数が多いので、たぶんケーブルテレビかな?

よ~くみてみると、日本の番組が!

俺は普段テレビを見ないが、ちょっと気になったので見てみる。

・・・・・・やっぱり飲食店訪問系の番組。

夫婦でやっている飲食店にお伺いしましたって感じ。

いっつもこういうのばかりだよね、日本のテレビってw

 


 
海外旅行のお土産もネットで買う時代、荷物も増えないので楽です